ブランディングコンサルタント養成~個人事業主から選ばれるコンサルタントになる秘訣~

アメンバーの使い方、やり方 | クライアントに結果を残せて、自分もしっかり売れる人気コンサルタントになる方法

アメブロのアメンバーの使い方、何を書くといいのか
 

個人事業主の起業成功請負人
自分ブランド構築コンサルタントの住福(すみふく)です。

 


アメブロにはアメンバーという機能があります。
 


アメンバーとは、あなたが承認したひとにだけ、記事を限定公開することができる機能です。
 


通常の読者登録だけでは見れず、
アメンバー申請してもらい、こちらが承認する必要があるという、少し手間のかかるもの。
 


手間はかかるのですが
アメンバー記事には大きなメリットがあるんです。
 




 

それは、アメンバー記事を更新した時に「更新通知」が届くという機能です。
 
(通常記事でも、読者側の設定で「更新通知」を受けつ取ることも可能)
 

もう一度言いますが、このアメンバーって
 
申請の手間がかかるのにわざわざ申請してくれる。

= あなたの記事がそらだけ読みたい!気になる!という状態

= それだけ濃い読者、準見込み客
 
ということです。
 

そんな
濃い読者、準見込み客の人に
更新通知が届いて、しっかりと記事を見てもらえるという機能なんですね。
 

つまり、準見込み客に、更新通知で濃い内容の記事を見てもらい、さらに信頼を積み重ねることで、しっかりとした見込み客になっていく可能性がある機能なわけです。
 

なのでアメンバーって上手に使うと、メルマガのような機能になっていくんです。

 

 

アメンバーの増やし方
 
アメンバーの増やし方はとても簡単で、週に1〜2回アメンバー記事を定期的に書けばいいだけです。
 

アメンバー記事が増えれば増えるほど、アメンバーも増えやすくなりますよ。
 

またアメンバー記事は「記事タイトル」が特に重要です。しっかりと「おもわず読みたくなる!」を意識して書いてみてください。
 

タイトル付けが上手くできると、驚くほどアメンバーは増えますよ。私は以前ひと記事で30人くらいアメンバーが増えたことがあります。

 

 

アメンバー記事は何を書くか?
 

 
アメンバーで書く記事は大きく3パターンあります。

 
・ノウハウ
・暴露ネタ
・セールス記事
 

前述したように、少しキャッチャーで目を引くタイトル付けをするのがポイントです。
 

またその期待を裏切らないしっかりした内容、驚きのある内容だと読者は満足し、次のアメンバー記事にも期待します。
 

この「期待を裏切らない」というのが大事で、その信頼をちゃんと積み重ねていけると、いざセールスしたい時にもちゃんと見てもらえるようになります。
 

ノウハウ、暴露ネタで信頼を積み重ね、たまにあるセールス期にメルマガと同じような感じで【募集中】とか【販売開始】【もうすぐ終了】などのセールス系アメンバー記事を書いていくといいです。
 

すると「アメンバー記事は見る」という習慣ができているので、セールス系の記事でもしっかり見てもらえる流れが出来るわけです。

 

 

アメンバー記事の投稿方法
 
そんなに便利なアメンバー機能なら、是非使いたいと皆さん思われますよね(^^)
 

アメンバー記事の書き方は、とても簡単。

 

普通に「ブログを書く」を開き、
いつも通りに記事を書きましょう!

 

そして記事を公開する時に「全員に公開」か「アメンバーに限定公開」にするかを設定して投稿するだけです。

 



 

アメンバーの機能って、
皆さんどう使えばいいか分からないという方がホントに多いです(^^)

 


ぜひこの記事のノウハウにのっとってご活用下さいませ。

 

個人事業主の起業成功請負人
自分ブランド構築コンサルタントの住福(すみふく)でした。

 

ありがとうございます。

 
あなたもブログで集客しませんか?
 

 

【重要なお知らせ】

 

 

■集客力がつく、無料のメール講座にご登録下さい♪
とあるサロンオーナーが自分ブランドを作り、集客と売上を変えていくお話です^^

 
ご登録はコチラから
o0350023613173187602
 

 

 
アメブロ初心者さんはコチラ!
「販売力のあるブログの作り方」
をお伝えしています。
売れるアメブロを7日で作る方法 バナー
↑ バナークリックでご登録 ↑
 

 

 
私は福岡だけでなく、北九州、久留米、熊本、長崎、佐賀、鹿児島、大分、宮崎などの九州各地から、東京、大阪、北海道、海外まで多方面で集客コンサルティングを行っています。九州ではまだまだ少ないインターネット集客コンサルティング、個人事業主のブランディング(強みの発掘と売り出し)を行っています。