募集記事や販売記事の反応が悪いときに見直す5つのポイント

セミナー集客, バックエンド商品

募集記事や販売記事の反応が悪いときに見直す5つのポイント
 
ブランディングコンサルタント養成の住福(すみふく)です。

 
セミナーや講座の募集、
新サービスの販売などをする際
募集記事や販売記事を書くと思います。

 
でもなかなか反応がない、、、
 
そんなときに見直してほしいポイントをいくつか上げていきます。
 
集客や販売で苦戦している方は参考にして頂ければと思います。

 

① 繰り返し伝えているか?
 
基本ですが、募集も販売案内も
一回やっただけでホイホイくるわけではありません。
 
記事の内容(質)も大事ですが
同時に量をこなすことも忘れないでくださいね(^ ^)
 
ちゃんと見てもらい、
魅力が伝わってはじめて
【案内した】ということになります。

 
見てもらってない。
魅力が伝わっていないのでは
何も意味がありませんので、まずは見てもらえるまで繰り返し発信しましょう。

 

② 簡潔にしていないか
 
全体的に補足が足りないという場合があります。
 
伝えたいという
気持ちばかりが先行し
相手が理解できるかを忘れていませんか?
 
言いたいことだけ言って、スッキリ!
みたいな状態になっちゃう場合がありますが、それでは読者が置いてけぼり!
 
常に「あまり詳しくない人でも、この文章で伝わるかな」を考えて書くといいです。

 

③ 説得力がない
 
補足と似ていますが、
そのサービスの魅力を伝える際に
社会的裏付け(数字や有力者の発言)も一緒に伝えましょう。
 
他にも、あなたの実績や
お客さんがどうなったかの成果なども効果的。

 
説得力がガツンと上がります。
 
また、ハートや絵文字は
幼稚な印象を与えかねないので
あまりオススメは出来ません(^_^;)

 

④ 擦り込みが足りない
 
販売記事や募集記事では
そのセミナーやサービスを購入すると
「どんな人がどうなれるのか」を何度も何度も繰り返し書きましょう。

 
いわゆる【擦り込み】です。
 
テレビCMなどと同じ手法ですが、
同じキーワードを何度も繰り返し伝えるのです。
 
私の場合は最低5回は
「どんな人がどうなれるのか」を繰り返し書きます。

 
例えば私の継続コンサルの販売記事は
 
「個人事業主が月収50万円〜200万円稼げるようになる」
 
を、【赤字太字】で何度も書いています。
これが擦り込みです。
 

 

⑤ 伝える順序を間違ってない?
 
募集記事や販売記事には
【テッパンの売れる流れ】があります。

 
なのに自己流で書くと
伝えるべき流れに沿わないので
スムーズに読者の心に響かないということがあります。
 
・悩みや実績
・共感
・解決策
・その裏付け




と、続きますが
そういったテッパンの流れに沿うと
記事の反応率は驚くほど変わるものです。

 



 
以上、「募集記事や販売記事の反応が悪いときに見直す5つのポイント」でした。
 

集まらないと苦しいし
どうしても不安になりますもんね、、、
 
その気持ちは痛いほど分かりますよ(^ ^)

 
募集記事や販売記事を
住福に直接見てもらって、
具体的な修正ポイントなど教えてほしい方は、体験コンサルがオススメです。
 
こちらから【体験セッション】で予約できます。

 
ブランディングコンサルタント養成の住福(すみふく)でした。

 

ありがとうございます。


 

 

【無料メール講座】
 
なぜゼロから6ヶ月で
月収7ケタを突破できるのか!?
 
自分もお客さんも成功し、幸せになるコンサルビジネスに興味はありませんか?
 
【セールス苦手】
【自分の強みが分からない】
【パソコンもネットも全然ダメ】
【そもそもビジネスの仕組みって?】
 
こんな方々が次々に成功してしまう秘密のコンサルビジネス構築術を無料で公開しております!
 


 

 
アメブロ初心者さんはコチラ!
「販売力のあるブログの作り方」
をお伝えしています。
売れるアメブロを7日で作る方法 バナー
↑ バナークリックでご登録 ↑
 

 

 
私は福岡だけでなく、北九州、久留米、熊本、長崎、佐賀、鹿児島、大分、宮崎などの九州各地から、東京、大阪、北海道、海外まで多方面で集客コンサルティングを行っています。九州ではまだまだ少ないインターネット集客コンサルティング、個人事業主のブランディング(強みの発掘と売り出し)を行っています。

関連記事一覧