セミナーは早割期間が過ぎたら集客が落ちるのでは?の改善策

セミナー集客

セミナーは早割期間が過ぎたら集客が落ちるのでは?の改善策
 
ブランディングコンサルタント養成の住福(すみふく)です。

 

このブログは、
コンサルタントになりたい方や
コンサルタントとして次のステージに上がりたい方向けに書いております。

 

コンサルに限らず、情報系の方全般に
役に立てていただけることを心掛けているので、良かったらコチラでさらに深いノウハウをお受け取り下さい。
 
▼ ▼ ▼
 
コンサルや情報系ビジネスが成功する秘訣

 

さて情報系の業種の方は
セミナーやお茶会、講座などを開催されるかと思います。

 

その際、集客のためにやった方がいいこととして

 

・前払い制にする
・クレジットカード払い可能にする
・【早割期間】を作り早目に集まるようにする

 
という、3つの項目があります。
 
前者の2つはキャンセル率を落とす効果がありますね。

 
また3つ目の【早割り】は
早期で参加者を集めるのに効果的です。

 


 

しかし【早割り】は
早割り期間が過ぎたら定価になるため
早割り期間以降の集客が大変になるのでは?

 

というご相談を頂くことがあります。

 

私の場合、元々が
定価に合わせた価値(内容)で
セミナーを作っているので、早割り期間以降はスパッと定価販売にしております。

 

それでも集まるので問題無いのですが
やはり「集めたい!」という場合は下記のような工夫が出来ます。

 

① 募集記事の「早割り」の表示を消す
 
早割りがそもそも無かったことにするというか、「間に合わなくて残念だったな…」と思われないようにする工夫はアリかもしれませんね。

 

②早割りの解釈を変える
 
そもそも早割りは
【開催日の前日まで】にしてしまいます。
 
【当日申し込みのみ定価】という事です。
コンサートなどである、前売り券みたいなイメージでしょうか。
 

さらに早割り期間という【割引】でなく
【特典アリの期間】というのを作ります

 

特典は例えば
【フォローセッション】であったり
【セミナー資料】などでもいいかもしれませんね。
 




 

このように工夫することで
「値段が上がったから来ない」とか
「ギリギリまでスケジュールが分からないから申込めない」という人も申込みやすくなりますね。


 

ただ私は、定価の価値がある内容でセミナーを作っているので、無理に安売りしてまで集めようとは思いませんし、
 
スケジュールがどうこう言われるということは、それだけ優先順位が低いと思われているのだと捉えてます。

 

満席になろうがなるまいが
ベストのメンバーが集まる。


 
という考え方なので、
私の場合はそこまで満席にはこだわってません。

 

でも、満席になると
それはそれでやはり嬉しいので
「集める」ということにしっかりこだわりたい場合は①②両方ぜひやってみてください(^ ^)

 

ブランディングコンサルタント養成の住福(すみふく)でした。

 

ありがとうございます。


 

 

【無料メール講座】
 
なぜゼロから6ヶ月で
月収7ケタを突破できるのか!?
 
自分もお客さんも成功し、幸せになるコンサルビジネスに興味はありませんか?
 
【セールス苦手】
【自分の強みが分からない】
【パソコンもネットも全然ダメ】
【そもそもビジネスの仕組みって?】
 
こんな方々が次々に成功してしまう秘密のコンサルビジネス構築術を無料で公開しております!
 


 

 
アメブロ初心者さんはコチラ!
「販売力のあるブログの作り方」
をお伝えしています。
売れるアメブロを7日で作る方法 バナー
↑ バナークリックでご登録 ↑
 

 

 
私は福岡だけでなく、北九州、久留米、熊本、長崎、佐賀、鹿児島、大分、宮崎などの九州各地から、東京、大阪、北海道、海外まで多方面で集客コンサルティングを行っています。九州ではまだまだ少ないインターネット集客コンサルティング、個人事業主のブランディング(強みの発掘と売り出し)を行っています。

関連記事一覧