結果の出せるコンサルタントは質問への返しが上手い!

クライアント対応

結果の出せるコンサルタントは質問への返しが上手い!
 
個人事業主の起業成功請負人
自分ブランド構築コンサルタントの住福(すみふく)です。

 
12/7開催のコンサル養成講座プレセミナー。
やっと資料も完成しました!
 

「気になってますー」というお問合せを沢山頂いております。
 
いやー!
来週が楽しみでなりませんねー!
ホントありがたいなー(^^)
 

コンサル養成に関しては、動画でも詳細をお伝えしておりますので、どうぞご覧ください。
 


 

さてコンサルティングをしていると、
毎日クライアントの皆さんからご質問をいただきます。

 
その質問の内容も様々ですが
【良い質問】と【もったいない質問】があるんです。


 
【良い質問】を出来ると
どんどん成長するので、クライアントの成果が早く、コンサルタントも手がかからなくなります。

 
【もったいない質問】が癖になると
なかなか成長できないので成果が遅く
いつまでもコンサルタントがいないとダメな状態になります。


 
【もったいない質問】というのは、
「はじめから正解」を求める質問です。

 
「コレが分からないから教えて下さい。」という感じの聴き方。

 
【良い質問】というのは、
「私はこう思うんですが、どうでしょう?」という感じの聴き方です。

 
「正解」を求めるのではなく
「答え合わせをする」という感覚ですね。


 
この違い、なんとなく分かりますか?

 
釣りに例えると
釣った魚を与えるのか
魚の釣り方を教えるのかの違いです。

 


 
クライアントに早く成果を出してもらいたければ、この質問の仕方の違いを覚えてもらってください。

 
まず自分で考えるのが基本なのか
初めからコンサルタントに頼ってしまうのかの違いですね。

 
いえね、答えを求めることが悪いということではないんです。

 
技術的なことなど
明確な答えがあるものなら
さっさと解決した方がいいので、それは答えます。

 
例えばブログカスタム~とかメルマガの設定~などなど。

 
でも技術的なことではなく
特に明確な答えが無いものに関しては、
一度自分で考える癖をつけてもらうべきです。


 
考えたうえで聴くから
より早く成長でき、成果も出しやすくなります。
 
コンサルタントとしても、クライアントにあまり手がかからなくなります。

 

「はじめから答えを聞く。」

 
それが自分のためになるのか?
ということを考えてもらわないと勿体ないですよ~という話。
 



 
失敗させないのが必ずしも良いコンサルタントとは言えません!
 
クライアントを自己成長させるのが本物のコンサルタントです。


 

コンサルを受ける側も提供する側も。
 

【質問の心構え】を持っておくと、
お互いに依存せず、Win-Winな仕事が出来ますねー^^

 
質問の仕方。
対応の仕方。

 
最もいい結果を生むようにしていきましょう。
 

 

個人事業主の起業成功請負人
自分ブランド構築コンサルタントの住福(すみふく)でした。

 

ありがとうございます。

 
あなたもブログで集客しませんか?
 

 

【重要なお知らせ】

 

 

■集客力がつく、無料のメール講座にご登録下さい♪
とあるサロンオーナーが自分ブランドを作り、集客と売上を変えていくお話です^^

 
ご登録はコチラから
o0350023613173187602
 

 

 
アメブロ初心者さんはコチラ!
「販売力のあるブログの作り方」
をお伝えしています。
売れるアメブロを7日で作る方法 バナー
↑ バナークリックでご登録 ↑
 

 

 
私は福岡だけでなく、北九州、久留米、熊本、長崎、佐賀、鹿児島、大分、宮崎などの九州各地から、東京、大阪、北海道、海外まで多方面で集客コンサルティングを行っています。九州ではまだまだ少ないインターネット集客コンサルティング、個人事業主のブランディング(強みの発掘と売り出し)を行っています。

関連記事一覧