BLOG

アメブロとワードプレスの書き分け方


アメブロとワードプレスの書き分け方

 

 

ずっと売れ続けて

応援されるコンサルタントに導く専門家

“コンサルタントのコンサルタント” 住福(すみふく)です。

 

 

 

最近

コンサルティングを行っていて

よく頂く質問の1つに・・・

 

 

アメブロとワードプレスはどう書き分けたらいいのですか?」

 

というのがあります。

 

 

 

 

起業初期は

アメブロで集客する方も多いと思いますが

どこかのタイミングでホームページを持とうとなるのではないでしょうか。

 

 

 

で、色々調べていくと

どうもワードプレスでホームページを

作ればいいらしいと聞いて、早速作ってみた。

 

 

 

けどいざ始めると

アメブロとワードプレスの

使い方の違い、記事の書き分け方が分からない…と困ってしまうのですね。

 

 

 

 

ということで、

今日は上記案件について細かく説明していきましょう。

 

 

 



 

 

 

アメブロとワードプレスの違いは?

 

アメブロとワードプレスの書き分けを考える前に、まずそれぞれの特徴を知っておきましょう。

 

 

WEB媒体は大きく2つの特性で分けられます。

フロー型とストック型です。

 

 

 

flow(フロー)型のもの

 

flow(フロー)とは「流れる」という意味です。

 

 

FacebookやTwitter、

Instagramなどはタイムラインで

投稿が流れていきますよね。

 

 

そういったSNS媒体は

基本的にflow型となります。

 

 

 

flow型の媒体は、

スピーディに反応があるとか、

拡散力があるなどのメリットがあります。

 

 

 

一方、デメリットとしては

稿をやめると反応も無くなる。

 

 

 

一度投稿したものは

時間の経過とともに表示されなくなり

【情報資産】としての価値が乏しいなどがあります。

 

 

 

アメブロは

管理ページや読者さんのブログで

SNSのように記事更新が表示されては

流れていくので、このフロー型の特徴があります。

 

ワードプレスには基本的にコレは無いですね。

 

 

 

 

Stock(ストック)型のもの

 

Stock(ストック)とは「溜まる」という意味です。

 

 

 

ワードプレスにしろ、アメブロにしろ

良記事を書いていくと検索に引っかかるようになりますよね。

 

 

 

これは【情報資産】として

GoogleやYahoo!などの検索エンジンから

価値があるサイトと認識されているということです。

 

 

 

言い換えると

【情報資産が溜まる】ということ。

 

 

 

 

検索に引っかかる

ワードプレスやアメブロ、

その他ホームページなどは、

ストック型の媒体となります。

 

 

 

特に検索に強く作れるという意味で

強力なストック型媒体はワードプレスといえるでしょう。

 

 

 

アメブロも検索には引っかかりますが

ワードプレスサイトが圧倒的にSEOの強さは押してきていますね。

 

 

 

ただしストック型は

集客ツールとなるまでに

時間がかかってしまうのがデメリット。

 

 

 

Googleなどの検索エンジンに

認識してもらうまでに時間がかかります。

 

 

 

時間をかけて

育てないといけないので、

速攻性はあまり無いかもしれませんね。

 

 

 

ただしSNSほど時間の経過ととに

価値が落ちるというものでは無いのが強みでもあります。

 

(何年も経つとさすがに古い情報になってしまうかもしれませんが。

 

 



 

 

軽くまとめると…

 

 

アメブロとワードプレスの書き分け方は何となく見えてきましたか

 

 

 

ココで少しまとめましょう。

 

 

 

アメブロは

フロー型(流れる)の特性と

ストック型(溜まる)の両方があります。

SNS的要素が強いのも見逃せませんね!

 

 

 

ワードプレスは

基本的にストック型(溜まる)です。

ただしアメブロより圧倒的に検索に強い。

 

 

 

この両システムの

特性を活かして記事を書くとしたら

どのように書き分けていけばいいかを考えると答えが出て来るわけです。

 

 

 

というか、

どの性質を前面に押し出して

使い分けるかというのが書き分けのヒントになります。

 

 

 

 

ワードプレスは検索を意識!

 

 

ワードプレスの特徴は「検索に強い!」でしたね。

 

 

 

なので、

とにかく検索に強くし

検索から見込み客集め・集客に繋げていく流れを作っていきます。

 

 

 

検索に強くする記事の書き方は

以前のこの記事を参考にされて下さい。

 

 

 

ポイントはいくつかありますが・・・

 

 

・ボリュームがある(2000文字以上目標)

・検索に当てたいワードを何度も書く

・最後まで読みたくなる面白い内容

 

 

この3つは特に意識したほうがいいです。

 

 

 

一言でいうと

濃いノウハウ余すことなく書くのが

ワードプレスの正しい使い方です。

 

 

 

 


 

アメブロは頻度と交流がカギ

 

 

アメブロは「SNS的要素がある」というのが特徴でしたよね。

 

 

 

SNSの本質は

「情報発信」と「コミュニケーション」です。

 

 

 

なので

書き分けとしては

検索よりも更新頻度を意識して

読者さんや他のユーザーとの交流を大事にします。

 

 

・サービス紹介

・お客様の声の紹介

・ブロガーさんの紹介

・ワードプレス記事の紹介

・メルマガ、ステップメール紹介

 

 

 

アメブロでは

こういった発信(紹介)を主にするといいです。

 

 

 

 

またアメブロは発信だけでなく

他のブロガーさんとの交流を深めることで

アクセスアップや集客力もアップしていきますよ。

 

 

 

面白いブログを

書かれている方のところに

コメントやメッセージ、いいねなど

積極的にアクションを起こすといいですね。

 

 

 

ワードプレス単体では

検索に引っかかるようになるとか

アクセスが集まるまでに時間がかかりますが

アメブロはアクセスアップも比較的簡単なので

アメブロからワードプレスにアクセスを流すということも積極的にやりましょう。

 

 

 

 



 

 

アメブロとワードプレスの書き分け方 まとめ

 

 

いかがでしょう。

 

 

細かくアメブロとワードプレスの

違いを解説してきました。

 

 

最後に、より簡潔に

書き分け方をまとめて終わりにします。

 

 

アメブロの特性・使い方は…

・flow型(流れる媒体)である

・情報発信だけでなく交流が大事

・更新頻度は高く「紹介」を積極的に

・アメブロからワードプレスにアクセスを流す

 

 

ワードプレスの特性・使い方は…

・stock型(溜める媒体)である

・検索に強くなる記事を書くのが大事

・更新頻度は低くてもいいから濃い記事を丁寧に書く

・ワードプレスはメルマガの転載でもOK(ただし濃い目の記事がオススメ)

 

 

 

以上です。

 

 

ぜひ上手に

アメブロとワードプレスを書き分け

両方サイトともしっかり育てていきましょう(^^)/

 

 

 

ブランディングコンサルタント養成の住福(すみふく)でした。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 


【無料メール講座】

 

なぜゼロから6ヶ月で


月収7ケタを突破できるのか!?


 

自分もお客さんも成功し、幸せになるコンサルビジネスに興味はありませんか?

 

【セールス苦手】

【自分の強みが分からない】

【パソコンもネットも全然ダメ】

【そもそもビジネスの仕組みって?】

 

こんな方々が次々に成功してしまう秘密のコンサルビジネス構築術を無料で公開しております!

 

 
 

 
アメブロ初心者さんはコチラ!

「販売力のあるブログの作り方」
をお伝えしています。
 



↑ バナークリックでご登録 ↑

 

 

 
 

私は福岡だけでなく、北九州、久留米、熊本、長崎、佐賀、鹿児島、大分、宮崎などの九州各地から、東京、大阪、名古屋、北海道、海外まで多方面でコンサルを行っています。

ブログ集客、メルマガ集客、セミナー集客、Facebook集客、LINE@集客、インスタグラム集客、動画集客、YouTube集客、チラシ集客、ホットペッパー集客、手紙集客、雑誌集客、WordPress、リザーブストックなど幅広いコンサルスキルであなたのブランディング、売り出しを徹底サポート致します。

関連記事一覧

売れ続けるコンサルタント養成


 

↑ バナークリックでご登録 ↑

売れるアメブロの作り方


 

↑ バナークリックでご登録 ↑

自分ブランドの作り方


 

↑ バナークリックでご登録 ↑